目 痛い ドライアイ 対策 サプリ

痛い目のドライアイ対策とは?

目 痛い ドライアイ 対策 サプリ

 

昔は専ら暇つぶしのイメージのあったスマホゲームですが、最近はどんどんクオリティも上がってきていますね。
面白いスマホゲームにはまってしまい、ついついやりすぎて目が痛くなってしまう…という人も多いのではないでしょうか。
実際、スマホの見すぎが原因で、目が痛い・乾燥する・充血するなどの症状が出る「ドライアイ」になってしまうケースは多いもの。
そこでこの記事では、ドライアイになってしまう原因、そしてドライアイを改善するための対策についてまとめました。

 

そもそもドライアイの原因とは?

スマホやパソコンばかりやっているとドライアイになる…と言いますが、それは一体なぜなのでしょう?
それは、スマホなどの端末をずっと見ていることで自然にまばたきの回数が減ってしまうから。
そもそもドライアイというのは、涙の量が減ったり、量が減らなくても質が低下してしまうことで目が乾燥してしまう状態を言います。
まばたきが減ると涙の分泌量も減り、同時に涙の蒸発量が増えてしまうので、結果的に目が乾燥してドライアイになってしまうのです。

 

ドライアイを放置してしまうとどうなる?

目 痛い ドライアイ 対策 サプリ

ドライアイを放置することで失明に至る、などという重篤な結果になることはまれです。

しかし、ドライアイにより引き起こされる症状というのは実に様々です。
目の疲れや不快感、物がかすんで見える、目がゴロゴロしたり目やにが出る、光を見ると眩しく感じる…などなど。
こういった不快な症状が慢性的に起きることにより、仕事の作業効率や生活の質が著しく低下する可能性は十分にあります。
また、目の潤いが不足することで角膜に傷がついてしまい、細菌が繁殖して角膜感染症を引き起こしてしまう、などのリスクもあります。

 

ドライアイの対策はどうすれば?

それでは、そんなドライアイの対策はどのようなものがあるのでしょうか。
まず第一に、スマホやパソコンなどの画面を長時間見続けないようにすることが大事です。
理想的なのは、1時間当たり10分の休憩を取ること。休憩中はできるだけ遠くを見たり、目を閉じてぐるぐる動かすなどすると効果的です。
また、コンタクトを使用しているとドライアイになりやすくなりますので、コンタクトをつけない日を作る、もしくはコンタクトの装着時間を短くすると良いでしょう。
目の疲れを感じる場合は、蒸しタオルを乗せると効果的です。目の周りの血行が良くなって涙の蒸発を防ぐ油の分泌量がアップするので、ドライアイの症状が緩和されるんですよ。

 

まとめ

ドライアイになってしまう原因、そしてドライアイを改善するための対策についてまとめました。
ドライアイというのはしっかり対策をすることで改善することは可能ですが、症状が重い場合など気になる場合は眼科を受診し、医師の指示に従うようにして下さいね。